法輪堂 拝観日記

なら仏像館開幕記念 特別展 至宝の仏像 東大寺法華堂金剛力士像特別公開

重要文化財「旧帝国奈良博物館本館」は、
「なら仏像館」の名で生まれ変わりました。

なら仏像館開幕記念 特別展
「至宝の仏像 東大寺法華堂金剛力士像特別公開」
(2010年7月21日~9月26日)に行ってきました。

東大寺法華堂の国宝・脱活乾漆金剛力士像をはじめとする名像の数々が展示されました。  

なら仏像館開幕記念.jpg

 

●似ていると思った出会い

「聖観音菩薩像」「十一面観音菩薩像」など並んでおられる中、
「どこかで観た覚えのある十一面観音様がいらっしゃいました。

それは「木造十一面観音菩薩立像(重文) 平安時代 新薬師寺」です。
お顔は違いますが、光背の形と光背に描かれている文様や色合いが、
室生寺の「国宝 十一面観音菩薩立像 平安時代」に似ているように思いました。
室生寺の方が、光背の文様などがしっかりはっきりしているように思います。

しかし、どこにもそのような説明などなかったので
違っているかと思い調べてみると、
「木製の板光背を負うことや、銅板切り抜きの宝冠を着けることなど、
室生寺金堂の十一面観音像に通ずる。」
と図録に記載がありました。

●驚いた体験

第1室の「観音菩薩」「護法の天部形」に続き
第2室「如来」の部屋に入ると、
如来ばかりがいらっしゃるからでしょうか
今までとは違いとても静かな空気が流れていました。

これは驚きました。
視覚によるものではないのです。

「さすがは如来ばかりいらっしゃる部屋」と思いましたが、
この様な静けさが観るものにも伝わるということだったのでしょうか。

●繊細

「仏像修理 100年」の展示を観た後なので
余計に強調されて感じたのかもしれませんが、

「四天王立像 4軀 鎌倉時代 海住山寺」
約36cmの像で細やかな彩色が施され
装飾品の金細工(?)も繊細であり動きもあり、

持国・増長・広目・多目天の順に
緑・赤・白・青の身色に塗り分けられていますが、
お顔の表情がその色に全く影響を受けないほどに
リアルな動きのあるいいお顔をされていて
とても印象に残りました。

持物が、綺麗な金色に輝いていましたので
最近修理されたのか、塗り貼り直されたのかと思いましたが
その新しさがなお繊細なお仏像の良さを引き立てていたように思います。

●楽しかった展示

十二神将と十二支が結合したという
ちょっと変わった像がありました。

「木造十二神将立像  6軀 平安時代 東大寺」
「木造十二神将立像 12軀 鎌倉時代 奈良国立博物館」


どの像も、ポーズが少しユニークで
頭像や腹部に十二支獣が居ます。
その十二支が、大変愛らしい姿で
ちょこんと頭の上に座っていたり乗っています。

十二神将のお姿と
愛らしい十二支獣の姿が
アンバランスなようで一体となっているのが
親しみをもちました。

どういう組合せで一体となっているのか
調べてみるのも楽しいかなと思いました。

● 金剛力士立像(国宝) 奈良時代 東大寺法華堂 2軀

法華堂の須弥壇の大きさと同じぐらいのスペースに
阿形・吽形 ライトアップされていらっしゃいました。

法華堂で16体いらっしゃった時も
約3mの大きさに圧倒されましたが、
スペースを大きくとられていると
幅の大きさ、動作の大きさを感じ迫力がありました。




--------------------------------------------------
特別展「至宝の仏像」

奈良国立博物館 なら仏像館(本館) 
2010年7月21日(火)~9月26日(日) ※会期終了しました。

■ 「奈良国立博物館」 公式サイト ≫
--------------------------------------------------






このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。