法輪堂 拝観日記

薬師寺 拝観日記

 

唐招提寺の後、
長年いつか行きたいと思っていた薬師寺
とうとう行くことができました。


薬師寺は、680年に天武天皇が
皇后(後の持統天皇)の病気平癒を祈り、
発願したことに始まります。

薬師寺 拝観日記1.jpg

念願の薬師寺 金堂の薬師三尊像。

しかし、それのみならず個人的に
大変興味深いことが詰まっている
内容の拝観になりました。
薬師寺 拝観日記2.jpg

「中門」から入って、金堂を真正面にみるために

外側 後ろ側から時計回りで、
ぐるりと前に回る順路で進みます。

ですので、横側のこちら「東院堂」から拝観が始まります。
薬師寺 拝観日記3.jpg

【 東院堂 】(国宝) 
天明天皇の菩提を弔うために
奈良時代に建立されました。

聖観世音菩薩像 (国宝)
四天王像

薬師寺 拝観日記4.jpg

【 中門・回廊 】 
左右には、金と緑と白系統の
彩色を施された「二天王像」がおられます。
「中門」の奥には、左右に「西塔」「東塔」が見えます。
薬師寺 拝観日記5.jpg
【 東塔 】(国宝) 
薬師寺で唯一創建当時より現存している建物
釈迦苦行像・四天王像

外からの中を覗くように観せて頂くのですが、
天井絵などが見えます。

西塔で聞かせて頂いた説明によると

「東塔」では、お釈迦さまが悟りを得られるまでが
あらわされているそうです。
薬師寺 拝観日記6.jpg
【 西塔 】
釈迦成道像・初転法輪像・釈迦涅槃像・弥勒如来像

幸運にも、塔内を説明されているのを
聞かせていただくことができました。

「東塔」では、お釈迦さまが苦行をされている
悟られるまでをあらわしていて

「西塔」では、悟られたその後をあらわされています。
ですので、真正面が弥勒菩薩がおられるのだそうです。

弥勒菩薩は、釈迦の入滅から56億7000万年後に
如来となって衆生を救うといわれ、未来仏と呼ばれています。

塔内は、時計回りに観せて頂くには意味があるそうです。
インドでは、右手は「浄」、左手は「不浄」のものとされています。

時計回りに歩くと、仏さまに対して
「浄」の綺麗な方を常に近づけていることになるからです。
深いところに、仏舎利を納められているのだそうです。
薬師寺 拝観日記7.jpg
【 金堂 】
薬師三尊像(国宝)・ 薬師如来台座(国宝)

本尊の薬師如来を中心に、向かって右の脇侍が
向かって右の脇侍が日光菩薩、左が月光菩薩。

まず驚いたことが、2点。
1つは、薬師如来が薬壺を持っておられないということ。

2つは、薬師如来の台座は四角形ですが、
四方に四神が配してあるということ。

四面に、玄武(北)・青龍(東)・白虎(西)・朱雀(南)と
インドな裸形の力神や、ペルシャ風蓮華文、
上框のギリシャ風葡萄唐草文様が浮彫であらわされています。
 
仏さまを見上げていると、目に入ってくるのが
天井や天蓋の彩色の美しさ。

垂れ下がる部分も彩色を施されていて
光背の金色が大変栄えて綺麗です。
薬師寺 拝観日記8.jpg
【 大講堂 】
学僧に経典の講義を行なう建物です。

弥勒三尊像 (重要文化財)
仏足石・仏足跡歌碑 (国宝) 
釈迦十大弟子

本尊 弥勒如来を中心に
向かって右に法苑林菩薩、左に大妙相菩薩

ぐるりと後ろ側には
十代弟子がずらりと並んでおられます。
その間に仏足石・仏足跡歌碑もあります。

弥勒菩薩が居られ、十代弟子が居られるという
堂内というのが、個人的にツボで感動しました。

十大弟子像は、制作年が2003年という最近ですが
大変リアルなものを感じる像でした。
「仏足石」は、わが国に現存する最古のものです。
薬師寺 拝観日記9.jpg
「大講堂」から外に出た所に
蓮を植えられた鉢がずらりと並んでいました。
薬師寺 拝観日記10.jpg
【 不動堂 】 
 
少し離れた場所に、「不動堂」がありました。
閉まった戸のガラス越しにみせて頂きました。
 
人の気配のなくひっそりとしている場所でしたが、
お不動さまの姿を確認できた途端
「ぎょっ」として一歩ひいてしまう位に
迫力のあるお姿の不動明王さまでした。
薬師寺 拝観日記11.jpg
 
薬師寺 拝観日記12.jpg
【 薄墨桜 】
【 玄奘三蔵院 】
薬師寺は、玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)の
教えを継承している法相宗です。

玄奘三蔵は、中国唐代の僧で

『西遊記』でインドに行き経典を持ち帰る
三蔵法師のモデルとして知られています。

「三蔵」とは、

・経(仏の教え)
・律(仏の定めた戒律)
・論(経の注釈書)のことです。
 
法相宗の始祖である玄奘三蔵の
遺骨の一部を安置するために
1991年に建立されました。

玄奘三蔵像は、左手に鮮やかな
彩色された経巻をお持ちです。

玄奘三蔵院の鮮やかな彩色と経巻の彩色が
マッチしていて目に飛び込んできて釘付けになりました。

新聞などでよく目にしていた平山郁夫画伯の
玄奘三蔵求法の旅をたどる「大唐西域壁画」。

ホールのような場所 三方向に壁画があり、
天井にも、ラピスラズリをつかって
空が描かれていてガラス越しに見せて頂きます。

誰も入らない空間を、ぐるりと取り囲んでいる
壁画をみせて頂くということもあり
シルクロード・砂漠・夜空を感じ、幻想的でした。
 

--------------------------------------------------
■ 「薬師寺」 公式サイト ≫

■ 薬師寺
--------------------------------------------------
 





このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。