法輪堂 拝観日記

清荒神 初詣2010年

毎年恒例の兵庫の初詣は、清荒神です。

こちらは、真言宗十八本山の内のお寺です。
ご本尊大日如来様の守護神として、三宝荒神様が祀られています。

山門をくぐると、2方向に進めます。

清荒神 初詣2010年1.jpg

真っ直ぐ前には、本堂が
左に進みますと、鳥居があります。

清荒神 初詣2010年2.jpg

鳥居を通り、前方には拝殿(天堂)があります。
三宝荒神王、大聖歓喜天(聖天)、十一面観世音菩薩他がまつられています。

清荒神 初詣2010年3.jpg

天堂の横を通り、後方には今年の表があります。
生まれ年で、丸が黒か、黒と白の半分ずつか、白かを確認します。

清荒神 初詣2010年4.jpg

天堂の真後ろには、ご本社と呼ばれる護法堂があります。
ご本社の裏側には、荒神様がお姿を現されたと伝えられる
荒神影向の榊があります。

ぐるりと進むと、岩壁をくりぬいた祠「行者洞」があります。

清荒神 初詣2010年4a.jpg

山側をのぼり本堂へと進みます。
途中、宝稲荷社があります。

本堂には、光背に彩色を施された大日如来と
弘法大師・不動明王がまつられています。

清荒神 初詣2010年5.jpg

山側をのぼり本堂へと進みます。
途中、宝稲荷社があります。

本堂には、光背に彩色を施された大日如来と
弘法大師・不動明王がまつられています。

清荒神 初詣2010年6.jpg

参拝を終えておりてくると、
とても大きな地蔵菩薩像があります。
水を掛けて一つの願いを念ずる一願地蔵尊です。
右側に行きますと、鉄斎美術館・龍王滝への道があります。

清荒神 初詣2010年7.jpg

龍王滝には、滝の横に不動明王が
滝や向かい側の岩に向かって立っておられます。
周りの岩の色と同じような色になっているので
毎年目が慣れて見つけるのに時間がかかってしまいます。
それだけ先ほどまでの境内とは異なり、
他に人がおられても落ち着いた静かな空気となっています。






このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。