法輪堂 拝観日記

逆境のとき

「どん底からの再起の物語」をテーマにしたテレビ番組がありました。
4人のプロフェッショナルと呼ばれる人の逆境の時、
そして現在に至るきっかけとなった考えにポイントを当てられていました。


絶望感・不安感などに押しつぶされそうな日々を送った後に
新たに歩み出した時に思った言葉。

それは一言では語れないと思いますが、

「どんなにつらい時でも、明日は必ず来る」

「視点を変えれば、光は必ず見える。」

「奈落の底が深いほど、人は大きくなれる」

「乗り越えなくてもいい、その悲しみと共に生きる」

という心から味わったからこそ出た言葉でした。


逆境の時は、自分の考え・行動を変えなくてはなりません。
脳は、ゆるぎないものがあって適応することができるそうです。

逆境の時には、
「自分の変わらないことは何だろう。」
「自分の中でゆるぎないことは何だろう。」と確認する。
すると柔軟に変えることができるようになるということだそうです。


苦難・逆境が、転機になることを願って

---------------------------------------------------------------

■ プロフェッショナル 仕事の流儀  ≫

■ みな、どん底から はい上がってきた ~逆境からの復活スペシャル~  ≫

---------------------------------------------------------------






このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。