法輪堂 拝観日記

高台寺 拝観日記

高台寺に来ました。

高台寺・1 拝観日記1.jpg

高台寺は、豊臣秀吉の夫人 北政所高台院湖月尼(ねね)が
1605年(慶長10)に創建した寺です。

1598年(慶長3)に死去し、ほど近い阿弥陀ヶ峰に葬られた
秀吉の菩提を弔う意味も込められていました。

高台寺・1 拝観日記2.jpg

ゆるやかな石段を登っていきます。

高台寺・1 拝観日記3.jpg

【 高台寺 梵鐘(重要文化財)】  (※注 2009年撮影)

高台寺・1 拝観日記4.jpg

         【 遺芳庵 】

灰屋詔益と吉野太夫との好みの茶席であり、
鬼瓦席と共に高台寺を代表する茶席として知られています。

高台寺・1 拝観日記5.jpg

池に掛かる橋の途中に観月するための建物【観月台】<重要文化財>

庭には、ピンク色の百日紅の花が咲いていました。

高台寺・1 拝観日記6.jpg

高台寺・1 拝観日記7.jpg

       【 開山堂 】 <重要文化財>

高台寺第一世の住持 三江詔益禅師を祀る塔所です。
左右の壇上には木下家定(ねねの兄)、雲照院(家定の妻)等の
像も安置されています。

礼堂部中央の彩色天井には北政所の御所車の天井
前方の格子天井には秀吉が使った御船の天井が用いられています。

高台寺は、臨済宗建仁寺派の寺院ですが
はじめは曹洞宗だったとの説明書きが開山堂でされていました。

三江詔益禅師を祀られている開山堂の真ん中は、奥行きがかなりあり
途中に具足がありました。

建物の天井・柱には、彩色された文様が薄れてきていましたが
それがまた味わい深く感じました。

高台寺 拝観日記8.jpg

       【 臥龍廊 】(がりゅうろう)

開山堂と霊屋を結ぶ階段で、龍の背に似ているところから
臥龍廊と名付けられました。

高台寺・1 拝観日記9.jpg

高台寺・1 拝観日記10.jpg

    【 霊屋 (おたまや) 】 <重要文化財>

中央 本尊・随求菩薩 (すいぐぼさつ)
右側に秀吉
左側に、インドの礼法にのっとる胡跪(こき)という
    右ひざを立てた姿をした北政所

外から見せて頂くのですが、
内陣の手前でガラス張りになっているようで
晴れていると反射してよく見えませんでした。

「厨子や須弥壇に施されているのは
飾り金具なのか、有名なこれが高台寺蒔絵なのか?」と思って
目を慣らして見ていると係の方が「高台寺蒔絵です。」と教えてくださいました。

北政所が、下で眠っておられるとか。
北政所の厨子は、表裏の文様は同じですが
秀吉の厨子は表裏違う文様だそうです。

像の背景は、狩野永徳筆と伝えられています。
「高台寺蒔絵」は、桃山期の漆工芸の代表とされています。
正面須弥壇には楽器尽くし、階段には花筏が描かれ
他にもさまざまな植物文様が施されています。

高台寺蒔絵といえば、今まで展覧会などで見てきたものは
文様も大きく金の色もはっきりしていると思っていました。
厨子に文様がいっぱい描かれてはいますが
金の色は抑え気味に見えました。
時が経っての色なのかもしれませんが、こちらの方が味があるように思います。

高台寺・1 拝観日記11.jpg

  【 霊屋からの臥龍廊 】

霊屋から坂を上ると、時雨亭とともに伏見城から移築された
茅葺きの茶室傘亭があります。

高台寺・2 拝観日記1.jpg

       【 傘 亭 】 <重要文化財>

高台寺・2 拝観日記2.jpg

高台寺・2 拝観日記3.jpg

【 時雨亭 】 <重要文化財>

高台寺の傘亭・時雨亭は、
利休の意匠による茶席であり伏見から移建したものです。
秀吉が好んだ茶室であるといいます。

傘亭は竹が放射状に組まれ、
カラカサを開けたように見えることからその名があり、
正式には安閑窟と呼ばれます。
時雨亭とは土間廊下でつながっています。

高台寺・2 拝観日記4.jpg

高台寺・2 拝観日記5.jpg

高台寺・2 拝観日記6.jpg

高台寺・2 拝観日記7.jpg

土間廊下でつながっています。
この廊下が路地の役目も果たしています。
これは小堀遠州の意匠によるものです。

高台寺・2 拝観日記8.jpg

高台寺・2 拝観日記9.jpg

高台寺・2 拝観日記10.jpg

高台寺・2 拝観日記11.jpg

竹の道を下りていくと

高台寺・2 拝観日記12.jpg

彫りの立派な門がありました。

高台寺・2 拝観日記13.jpg

高台寺・2 拝観日記14.jpg

高台寺・2 拝観日記15.jpg

高台寺蒔絵で高台寺のイメージをしていました。
実際に行ってみると空間が大きく明るい感じはしますが
観光地の寺院の賑やかさではなく静かな流れを感じました。

 

(※注)

豊臣秀吉の妻・ねねゆかりの高台寺の重要文化財の梵鐘が
老朽化のため、約400年ぶりに2010年末に

新しい梵鐘が新調されたそうです。

梵鐘は、寺の創建と同じ年に鋳造され
ねねの兄 木下家定が寄進したと伝わっています。

この1、2年で音が悪くなり、鐘をついた後の残響も短くなったので
ほぼ同じ大きさの鐘を新調されたのだそうです。

鐘もそうですが、「おリン」も外から見た目は割れ等なくても
音が鈍くなったように感じたり、残響が短くなった場合
「おリン」の中が割れていますので修復はもうできません。






このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。