法輪堂 拝観日記

しか

奈良での一日を書いていて、

奈良の鹿について調べていて目にとまった事がありました。

東大寺でのひととき1.jpg

一つは、シカの角にカバン・カメラを掛ける人がいたり、偶然に掛かってしまう事があり、 
それにシカは驚き逃げ回り、疲れ果て、野犬などにかみ殺されてしまうというような事があるそうです。 
もう一つは、亡くなったシカの胃からビニールなどが 
石のような塊になって出てくる事があるそうです。 
これは人間が捨てたビニール・化学繊維の含まれたものをたくさん食べてしまって 
詰まってしまったのでしょう。 
最近動物園などの話からも聞かれる話です。 
誤って動物が食べてはいけないものを食べてしまう事を 
ひとりひとりが配慮する事で未然に防げる事もあるかもしれません。 

普段出会えない環境に行き、可愛く珍しく触れてみたくなりますが 
この和やかな環境を守るために少し配慮をした行動をとりこの環境がこのまま守られる事を望みます。 
奈良のシカは、シカせんべいを頭の上ぐらいの高さにやるとお辞儀をします。 
これは仔ジカの頃に親ジカのしぐさを見て学習していっているもののようです。 
奈良公園を訪れた人たちが人を信頼してくれている事を知り、 
やさしく接しシカが安全で過ごせるようであってくれる事を願います。

 






このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。