法輪堂 拝観日記

京都国立博物館 神像

京都国立博物館 神像1.jpg

京都方向へ出かける用事もあった為
やはりあの神像の写真が気にかかり、再び京都国立博物館へ行きました。

京都国立博物館 神像2.jpg

最初に入った展示室に「文殊菩薩騎士像」が目に飛び込んできました。
木製彩色 十三世紀 金戒光明寺蔵
ぐるりと三方向開放されておりましたので、あの角度この角度からと拝見させて頂きました。
「地蔵菩薩立像」 九世紀 秋篠宮寺蔵 は
鼻立ちを顔の下方に集めた異相にあらわすことによって
この仏の霊力の強さを表現している とか。
入り口近くにあった一体は御神木を使われたという事で
お顔の真ん中に木目がきていてお顔の表情は見えませんが
同じくあえてその様にする事によって想いを表現されているのかと
勝手ながら思いました。
ヒマラヤの雪を現した白い色のお仏像 
華厳宗 守護神 白光神(インドの神)立像
鎌倉時代 高山寺蔵 が
この「神像展」の看板の写真となっています。
仏師湛慶の作と推定されているそうです。

京都国立博物館 神像3.jpg

併せて開催されているのが
「高台寺蒔絵と南蛮漆器」展です。
目を惹いたのが「IHS紋蒔絵螺鈿書見台」 
桃山時代 十六世紀 です。
IHSはフランシスコ・ザビエル イエズス会の紋章で
イエスの名を表す 「IHS」を茨の冠で囲み、
Hの文字に十字架を立て、
三本の釘を刺したハートを添えた意匠です。
海洋民族好みの象嵌(螺鈿)が多用されていますが
和も生きています。

文殊菩薩騎士像の絵葉書・お写真などの販売は
残念ながらありませんでした。
しかし後で調べてみると「運慶の作」のお仏像だったとか。






このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。