法輪堂 拝観日記
tenkawa02.jpg

"縁がなければ、たどり着けない場所"と言われているという天河神社。

そんなことを聞けば行って見たくなるものの、たどり着けるかどうか到着するまでドキドキでしたがすんなり無事到着できました。

【大峯本宮 天河大弁財天社】
天河神社の奥宮が鎮座する霊峰弥山は、大峯山系の中央に君臨し、荘厳幽玄な山容を持ち水の精、木の精、土の精等神々の鎮まる神奈備信仰の大元とされ宗教的霊山の第一に挙げられています。修験道開祖役行者は弥山において鎮護国家を祈念した時、天降る天女の神を弁才天と感得し、壺中である当社に歓請されたのが日本弁才天の初めとされます。

7世紀後半、大海人皇子は壬申の乱に際し、霊験あらたかな弁才天に戦勝を祈願し勝利を収め、壺中の琵琶山に天之安河之宮として社殿を造営、その後僧空海弘法大師等、貴顕高僧の参籠とする山内第一霊場となります。又、能楽との関係も深く、世阿弥摘男観世十朗元雅寄進の能面「阿古父尉」等能楽史上貴重な重要文化財が多く所蔵され、芸術芸能音楽の神としても篤く信仰されています。



mizu01.jpg


斎灯殿  千年の灯

tenkawa01.jpg


天 石

tenkawa09.jpg

【天石の云われ】
大峯弥山を源流とする清流は、天の川にそそがれ坪内(壺中天)で蛇行し、その形は龍をしのばせる。鎮守の杜、琵琶山の磐座に弁才天が鎮まり、古kより多くの歴史を有す。
この地は「四石三水八ツの杜」と言われ、
四つの天から降った石
三つの湧き出る清水
八ツの杜
に囲まれし処とされ、神域をあらわす。

その内三つの天石(一つ石階段右・二つ五社殿前・三つ裏参道下行者堂左)を境内に祀る。

五社殿

tenkawa07.jpg

【五社殿の御祭神】 

石段手前より
龍神大神       弁財天の化身なる龍神の神
大将軍大神      八つの社の内森本神社ご祭神
大日めの貴神    天照大御神の御別名
天神大神       菅原道真公
大地主大神      琵琶山地主守神


拝 殿

tenkawa04.jpg


tenkawa05.jpg

神宝「五十鈴(いすず)」

tenkawa08.jpg

【神宝「五十鈴(いすず)」】 

正式には、神代鈴(しんだいすず)。
数千年前から天河大弁才天社のみに残されている青銅製でつくられたもの。歴史的には、天照大御神が天の岩戸にお隠れになった時に、天之宇受売命がこの五十鈴のつけられた矛をその手に持たれ、大地を踏みしめて聖なる舞いを舞い、大神を外にお連れし、再び生きるに値する光の世に戻ったとされます。

参拝の際お鈴を鳴らす時、綱は前後に動かさず、鈴を止めた状態で円を描くように綱だけ回して下さい。



天照大神が岩戸に隠れた神話。岩の扉の前で天之宇受売命が舞を舞った時に手に持っていた五十鈴。

円を描くように綱を回すというのが加減がわからず、そろりそろりとやってみました。

境内もですが、特に拝殿に入ると神聖な空気感が心地よくしばらく過ごさせて頂きました。


 

天河神社から少し歩いたところに『天河大弁才天禊殿』があります。

禊殿 (みそぎでん)

tenkawa12m.jpg

大水害の後、古文書が発掘され
日本最古の御山であることが記されていました。

tenkawa11m.jpg

【高倉山 御祭神 経津主神 宇迦之御魂神 国之常立神(別名 ガイア神)】

高倉山は二億五千万年前日本列島に最初に隆起された神奈備であり日本最古の御山(磐境)であります。弁財天女の鎮まります琵琶山と共に仰ぎ尊び奉られた聖山であります。
神武天皇が天河社琵琶山に祈られた時に ヒノモトと言霊を奉上され日本と命名された重要な斎庭であり、高倉の御山は経津主神の鎮座地として布津御魂の剣 神宝を奉り全ての天災 地災 人災を鎮め申す御威稜を賜る大神様であられます。 

tenkawa10m.jpg

『ヒノモトと言霊を奉上され日本と命名された』とあります。

『ヒノモト』。ひ‐の‐もと。日の本。



西大寺といえば、お寺に行った時に
とても丁寧にやさしく西大寺について説明して頂いたのです。

そして本堂の中のずらっと並んだ灯篭と
仏像のおまつりされている光景が印象的で思い出深く思っていました。

西大寺展と聞けば、


saidaijiten01.jpg

行って来ました!と言っても
吉祥天立像の時か、愛染明王像の時か悩みます。

考えた結果、
吉祥天立像の期間となりました


創建1250年記念
奈良 西大寺展 
叡尊と一門の名宝


2017年7月29日(土)~9月24日(日
あべのハルカス美術館

 西大寺は、奈良時代に創建された菅大寺を総称する「南都七大寺」の1つに数えられ、2015年に創建1250年を迎えました。奈良時代、聖武天皇・光明皇后の後を継いだ娘帝の称徳天皇が鎮護国家の思いを込めて開創し、東大寺などと並び称される寺格を誇りました。中世・鎌倉時代には、稀代の高僧・叡尊が出て、密教において戒律を重視した教え(後の真言律)を広め、「興法利生」をスローガンに独自の宗教活動を推進しました。その弟子忍性は東国に赴き貧者・病人の救済にあたり、また後世には、江戸時代に大和生駒山・宝山寺を開いた湛海らの活躍などによって発展し、数多くの仏教美術の名品をいまに伝えています。

国宝6件・重要文化財36件を含む全約80件。

【特別公開】
吉祥天立像(京都・浄瑠璃寺):7月29日~8月 6日
愛染明王坐像(奈良・西大寺):8月29日~9月24日

十二天像 伊舎那天(西大寺):7月29日~8月27日
十二天像 毘沙門天(西大寺):8月29日~9月24日

* * * * * * * * * * * * * * * *
第1章 西大寺の創建
第2章 叡尊をめぐる信仰の美術
第3章 真言律宗の発展と一門の名宝



saidaijiten03.jpg

重文【塔本四仏坐像】 江戸時代(奈良・西大寺
(右上)釈迦如来   (右下)宝生如来
(左上)阿弥陀如来 (左下)阿しゅく如来


第1章 西大寺の創建

鎮護国家

天平神護元年(765)、鎮護国家の願いの下に平城宮の西に本格的な伽藍が開創された。父である聖武天皇が平城宮の東側に創建した東大寺に対して西大寺と呼ばれる。四天王堂に安置される増長天像の台座の邪鬼と洲浜のみに当初のものが残る。

塔本四仏坐像などの彫刻や十二天像などの仏画、『金光明最勝王経』などの経典、当初の伽藍の様子を伝える記録、絵図、発掘された瓦などにより、創建当初から平安時代にかけて西大寺の有様を第一章で紹介。



重文【称徳天皇像 住吉広保作】 江戸時代(奈良・西大寺
称徳(孝謙)天皇は、聖武天皇と光明皇后の第一皇女として誕生。
鎮護国家の功徳を持つ四天王を核とする伽藍を本格的に開創した。
これが西大寺。
毎年8月4日の女帝忌日にこの画軸を掛けて年忌法要が営まれる。

【塔本四仏坐像】 江戸時代(奈良・西大寺

西大寺創建後まもなく建てられた2基の塔のいずれかの塔の初層に安置されたと伝えられる。

国宝 【金光明最勝王経】 奈良時代(西大寺)
国王が本経をよく受持・読誦すれば、
四天王がその国を擁護し災難などを除くという四天王護国思想を説く。
奈良仏教の鎮護国家理念の根幹をなす経典。


第2章 叡尊をめぐる信仰の美術

興法利生(こうぼうりしょう)

都が平城京に移された後、奈良の社寺は苦難の時代を迎えた。鎌倉時代に中興の祖 叡尊が登場。

叡尊の活動の理念は「興亡利生」といわれる。。

第二章では、叡尊やその直後の時代に西大寺や奈良周辺の一門の寺院で制作された絵画、彫刻、工芸品を中心に、興法利生に身を奉げた叡尊にかかわる信仰や救済の活動を紹介。


国宝【興正菩薩坐像・善春作】 鎌倉時代(西大寺)

【宇治浮島十三重石塔納置品】 鎌倉時代(放生院)

重文【金銅火焔宝珠形舎利容器】 室町時代(西大寺)

重文【釈迦如来立像・善慶 他作】 鎌倉時代(西大寺)
叡尊が仏師善慶らに清凉寺において模刻させた像。
『感身学正記』に造立の過程が記された数少ない仏像の1つであり、
叡尊一門の釈迦信仰の根本像ともいえる重要な釈迦如来像である。
清凉寺の釈迦如来像は、
釈迦在世中うでん王により造立されたと伝える釈迦如来像を模して現地の仏師に造らせた。

【文殊菩薩騎獅像・康俊・善円作】 (西大寺)

重文【吉祥天立像】 木造彩色 像高90,0 鎌倉時代(浄瑠璃寺)
浄瑠璃寺本堂に安置される厨子入りの吉祥天立像。
『浄瑠璃寺流記事』に、建暦2年(1212)に吉祥天を本堂に渡し奉ったとされる。
当初納められていた厨子の扉や壁面には、
八臂弁才天・四天王・梵天・帝釈天などが描かれ、
本像を含めて『金光最勝王経』に説く諸尊が表されている。

saidaijiten02.jpg

第3章 真言律宗の発展と一門の名宝

叡尊の教えは彼に連なる律僧たちによって全国各地に広がる。

東国では、叡尊のもとで学んだ忍性が鎌倉を拠点をとして貧民救済などの社会福祉事業や道路・橋梁の建設などに尽力し、鎌倉幕府の要人から庶民まで広く信仰を集めた。江戸時代には奈良・生駒に宝山寺の湛海、大阪・樟葉の久修園院の宗覚らが活躍し、金瀬の仏教美術に彩を与えている

第三章では、極楽寺、称名寺、浄土寺、国分寺などの寺宝、近世の湛海や宗覚などにかかわる彫刻、絵画など中心に真言律宗の全国的な広がりや時代的な展開を紹介。



重文【普賢菩薩騎象像】 平安時代(岩船寺)
六牙の白象上の蓮華座に坐し、
胸前で合掌する普賢菩薩像で
その姿は『法華経』普賢菩薩勧発品などの諸説に基づくものとされる。

重文【閻魔王坐像】 鎌倉時代(東大寺)


saidaijiten04.jpg

一番印象に残ったのは、叡尊の宇治での話。
音声ガイドで聞いた少々あいまいな記憶ですが、
宇治川で漁をしている人たちに殺生をさせないよう
お茶の栽培を教えたというように聞いたのですが...
橋を渡したりといったお話が素晴らしいお話でした。

たくさんの舎利容器。大壇、法具なども並び、
どの仏像の上にもタペストリーで結界をはられていたのが胸にグッときました。

浄瑠璃寺の吉祥天立像は、
360度ガラスケース越しで観せて頂けました。
帯布先まで繊細な動きがあるもので、
仏像というより神像の神秘的な空気感がある
女性らしさというか艶やかさを感じました。
その静かな空気感は、岩船寺の普賢菩薩像からも感じるものでした。

即会場近くに記念撮影スポットに小道具が!

saidaijiten06.jpg

人が少なかったので
法輪堂店主も撮ってみました。

ほかに誰も撮っていないので団体さんに注目されて
恥ずかしいから自分たちで大笑いしておきました。

saidaijiten05.jpg

【奈良 西大寺展】 (公式HP)





『興福寺の寺宝と畠中光享 展』で浄められてきました。

・【興福寺の再建される中金堂の柱の祖師画】
・【興福寺の寺宝】
・【(祖師画を描いた)畠中光享画伯の作品】
の展示です。

興福寺中金堂再建・法相柱柱絵完成記念
『興福寺の寺宝と畠中光享 展』

2017年8月23日(水)~9月4日(月
大阪高島屋 7階グランドホール

* * * * * * * * * * * * * * * *
法相宗大本山興福寺。
創建当初より伽藍の中心であった「中金堂」の再建事業で、
内陣には、興福寺の教義である法相の祖師たちを描いた大柱「法相柱」も再興。

その大きな柱に貼りあげられる画伯の描く14名の祖師画を公開


kouhata02.jpg

ここ大阪高島屋の7階グランドホール入り口です。

展示は畠中光享画伯の作品から始まりました。

畠中光享代表作・新作

最初、描かれているものから
日本風とは違うように感じられて
ちょっときつめの印象を受けました。

それが
作品を進んでいくうちにいつのまにやら
現実身近から離れた感覚で受け止めるようになり
世界観にどっぷり嵌まり込んでいました。

作品にはスッタニパータを描かれたものも多く、
ダライ・ラマも描かれていました。
実際に何度もお会いになられたようです。

作品ごとにコメントが書かれていて、
学ぶこと多く惹き込まれました。

蓮や睡蓮、精舎の夜空などなど、
その世界にいるようで

『一灯』という作品は
仏陀に供えられた灯がすごい数が並び、
1つずつリアルで、いろんな瞬間の炎で

それが
供えられたものでいろんなものがある
いろんな思いを込めて描かれているのかと思いながめました。

金箔の上に岩絵具という日本画。
作風が現代的に見えますが、
飛天や散華などを見ていくと
日本画の繊細さがその世界の空気感と合って見えました。

『スッタニパータ』
セイロン(スリランカ)に伝えられた、いわゆる南伝仏教のパーリ語経典の小部に収録された経典のこと。


興福寺の寺宝

とつぜんよくお見掛けする仏頭が登場し
大阪では【春日曼荼羅図】がありました。

法相柱 柱絵

kouhata01.jpg

柱絵は展示最後の展示室で
看板の僧は、無著菩薩。

興福寺の北円堂の像で有名です。
2018年秋に興福寺中金堂の柱に貼りあげられる祖師画の一枚。

ちょうど展示されている横で
畠中光享画伯のインタビュー映像が流れていて、

北円堂の像というだけでなく今のものも入れて描かれたようでした。

展示室の真ん中には中金堂の模型があり
柱絵が貼りあげられた状態を見ることができました。

一見スタイリッシュというか現代風に思える作風ですが
スッタニパータを題材に描かれて
合わせて観せて頂くと表現が伝わってきて
観終えた時にはすっかり心浄められたようでした。

【興福寺の寺宝と畠中光享 展】 (公式HP)









▲ このページの先頭へ

このホームページに記載されている記事・写真・図表などの無断複製、無断転載を禁じます。